各社のパッケージプラン比較 Part 2

ベーシックなプランって何が含まれる?

 

ここでは各社の最低限の補償が含まれたベーシックなプランを紹介します。

よく上級者向けなど言われていますが、実際にはかなりの条件が満たされないと、最終的にはフルカバーのパッケージプランより値段が高くつくことがあります。

 

スポンサーリンク

主要な保険のみのシンプルなプラン

各社のプラン名紹介

現地で利用後に支払うタイプ
  • ハーツ: ベストレート
  • エイビス: スーパーバリュー(現地払い)
  • バジェット: ディスカバー
  • アラモ: スタンダード(現地払い)
  • ダラー: リテールレート (現地払い)
日本円で事前に払うタイプ
  • エイビス: スーパーバリュー(日本払い)
  • バジェット: ベーシックプラン
  • アラモ: スタンダード(日本払い)
  • ダラー: パラダイスプラン (日本払い)

※ ハーツにも日本円で事前に支払う「ドライビングクーポン」というものがありますが、公式ウェブでは予約ができません。

各社に共通して含まれるプラン内容

  • 車体料金
  • 走行距離無制限
  • 自動車損害補償保険(LP/PP) *
  • 自車両損害補償制度(LDW/CDW)

上記を見て頂くと、本当に最低限の補償となっており、また税金・サーチャージ関係の料金が一切含まれておりません。

ここで保険内容のおさらいですが、「自動車損害補償保険(LP/PP)」というのは、対人・対物の最低限度の補償で、ハワイでは自動車損害補償保険(LP/PP)が含まれている場合の補償額は「対人補償:US$20,000/対物補償:US$40,000」です。アメリカ本土では州により補償限度額が異なります。

利用する会社や地域によってはこの自動車損害補償保険(LP/PP)がプランに含まれない場合があります。この保険は契約書に加入の明記はないので、予約時に含まれるか否か、そして、補償金額の確認をする必要があります。

このプランに必ずかかる費用

ハワイの場合:
  • 州税 (オアフ島4.712%/その他4.166%)
  • ステイトハイウェイサーチャージ ($3/日)
  • 車両ライセンスフィー(VLF) ($0.50-$2/日)
  • 空港施設利用料 (11.11%) – 空港利用の場合
  • カスタマーファシリティーチャージ(CFC)($4.5/日) – 空港利用の場合
アメリカ本土の場合:
  • 州税
  • 車両ライセンスフィー(VLF) ($1~2/日)
  • 空港施設利用料(だいたい11%) – 空港利用の場合
  • カスタマーファシリティーチャージ(CFC) – 空港利用の場合
  • その他サーチャージ

※アラモのスタンダード(現地払い)のプランには上記の税金も含まれています。

※その他サーチャージとは、ツーリズムフィーや、ウインターシーズン用のタイヤメインテナンスフィーがあったりと州やロケーションによって異なります。

 

関連記事ハワイ・レンタカーの税金について

関連記事ロサンゼルス周辺・レンタカーの税金について

各社の追加特典

エイビス:スーパーバリュー(現地払い・日本払い)の場合
  • 追加運転者1名無料
バジェット:ディスカバー・ベーシックの場合
  • 追加運転者1名無料
  • 21~24歳のドライバーにかかるアンダーエイジサーチャージ(ベーシックのみ)
アラモ:スタンダード(現地払い)の場合
  • 州税
  • 車両ライセンスフィー(VLF)
  • 空港施設利用料(だいたい11%)
  • カスタマーファシリティーチャージ(CFC)
  • その他サーチャージ
ダラー:リテールレート・パラダイスプランの場合
  • 追加運転者4名(パラダイスプランのみ)

フルカバーのプランとどちらを選ぶ方が得?

結論から言うと、価格的に見て、私は「追加自動車損害賠償保険(LIS/ALI/SLI/EP)」を申し込む予定があるなら事前にフルカバープランを申し込んだ方が金額的にも良いと思います。この保険は、元々ついている「自動車損害補償保険(LP/PP)」の補償上限を上げる保険です。

最近では「自動車損害補償保険(LP/PP)」がついていないプランもありますし、またついてきたとしても上限が低いので、ガソリン代も考慮に入れたら「追加自動車損害賠償保険(LIS/ALI/SLI/EP)」がついてくるフルカバープランを選ぶ方が断然お得だと思います。

 

スポンサーリンク

オススメの記事