レンタカーのオプションについて

便利なオプションは予約時に申し込み!

アメリカのレンタカー会社にある主なオプションを紹介します。オプションは1日だけのレンタルはできず、車のレンタル期間と同じ期間の利用になります。

さて、便利なレンタカーオプションの紹介をします。

スポンサーリンク

GPS カーナビゲーション

料金目安:$15/日・$60/週

ポータブルタイプのカーナビです。多言語対応のものが主で、日本語設定ももちろん可能です。しかし、日本語設定はご自身でする必要があります。

日本のカーナビとは違い、精度はあまり高くないものの、アメリカは道が簡単なので、これで十分です。

GPS
GPSです。このセット一式が小さなバッグに入って手渡されます。設定・設置はとても簡単です。

インファントシート・チャイルドシート・ブースターシート

料金目安:$15/日・$60/週

お子様も乗車人数は大人と同様で1人とカウントします。装着は自分でします。

ハワイの場合

ハワイでは7歳未満のお子様はインファントシート・チャイルドシート・ブースターシートのいずれかを着用する義務があります。

  • インファントシート: 1歳未満あるいは体重20ポンド(約9キロ)以下の乳幼児向け
  • チャイルドシート: 3歳までのお子様で体重40ポンド(約18キロ)以下、の幼児向け
  • ブースターシート: 4-7歳までの体重100ポンド(約45キロ)以下、身長4フィート9インチ(約145cm)以下の小児向け

※ 日本からご持参される場合は、必ずハワイ州の基準を満たすシートをご利用ください。

アメリカ本土の場合

州によりチャイルドシートの年齢の規定が異なります。予約時に必ず確認してください。電話で予約の場合は、予約時に年齢を伝えれば適切なシートを選んでくれます。

追加運転者

料金目安:$15/日

レンタカーの運転は契約者のみで、もう1名運転をする方がいる場合は必ず借出し時に申し出てください(予約時ではありません)。

登録していない方が運転する場合は保険が一切適応されません。パッケージプランに1名まで無料で追加が含まれていたり、夫婦の場合は追加が無料の場合も有るので、各社にご確認を。

ロードサイドサービス

料金目安:$10/日

通常保険では補えないロードサイドのサービスです。例えば、鍵のとじ込みや、ガス欠、タイヤのパンクの時の救済サービスです。

この救済サービスはオプションで申し込んでいなくても利用は可能です。しかし、オプションに加入していないと、サービスステーションから自分のところまで来る現場出張費等もかかり、かなり割高になります。

特にアメリカの国立公園巡りや、郊外までのロングドライブをする際は、加入していた方が良いと思います。会社によってはタイヤ交換の費用が実費になったり、1レンタルのサービス金額の上限が設定されており、上限をこえた分は実費になる場合もあります。

モバイルWi-Fiルータ

料金目安:$15/日

Wi-Fiルータはその名のとおり、海外でスマフォやタブレットを接続でき、インターネットが使えます。車と一緒に受け取れて、とっても便利ですが確約ができない場合も有りますので、現地で借りれないとなると、かなり痛いです。近いうちにGPSと同じように確約できるようになればいいのになと感じるオプションです。

タブレット

料金目安:$20/日

こちらはインターネットが使える多言語対応のタブレットです。もちろんGPS機能も付いており、また、モバイルWi-Fiルーターの役割も果たします。国際電話の通話もついていたりと、借りれたらとても便利ですが、確約できないオプションの場合も有るのでご確認を。

タブレットでできる事の詳細は便利なオプション「トラベルタブレット」の記事をご覧ください。

日本語設定の仕方は「ハワイのナビ・GPSとトラベルタブの日本語設定方法を解説」の記事を参考にしてみてください。

タブレット
ほとんどスマホと同じサイズのタブレットです。

スポンサーリンク

オススメの記事