ハワイのチャイルドシートについて&お子様がいる方の注意点

車に子供を一人にしてはいけない!?

 

ハワイではチャイルドシートに限らず子供に関するルールがとても厳しいです。これもお子様の安全のためなので、きちんと守って、ハワイドライブをお子様と楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

チャイルドシートについて

チャイルドシートの規定

ハワイでは7歳未満のお子様はインファントシート・チャイルドシート・ブースターシートのいずれかを着用する義務があります。また、お子様も乗車人数は大人と同様で1人とカウントします。

これらのシートは自分で車へ装着します。

  • インファントシート: 1歳未満あるいは体重20ポンド(約9キロ)以下の乳幼児向け
  • チャイルドシート: 3歳までのお子様で体重40ポンド(約18キロ)以下、の幼児向け
  • ブースターシート: 4-7歳までの体重100ポンド(約45キロ)以下、身長4フィート9インチ(約145cm)以下の小児向け

※ 後部座席へ設置ください。

※ 日本からご持参される場合は、必ずハワイ州の基準を満たすシートをご利用ください。

現地のチャイルドシートのクオリティ

良く、ハワイのチャイルドシートが汚い等のコメントをネット上では見ますが、最近では殆どそのようなことはありません。

実際、私はハワイ(オアフ島、ハワイ島、マウイ島)のエイビス、バジェット、ハーツ、アラモ、ダラーの計25店舗を周りましたが、各社クリーニング業者にチャイルドシートのクリーニングを依頼しており、クリーニング後の袋に入ったチャイルドシートを借りることができます。

ただ、中にはクリーニングでは取れなかったシミが残ってたりするのもありましたが、ほこりまみれの物等はありませんでした。

しかし、日本では少し考え難い事ですが、せっかくクリーニングされて袋に入っているチャイルドシートの袋を外して地面に直に置き、客に渡すような光景も何度か目撃しました。これはハワイなので仕方ないと思いまが少し残念です。

ハーツ・CSS
ハーツのチャイルドシート。全てクリーニング後で綺麗にそろえてあります。
ダラーのチャイルドシートです。こちらもクリーニング後で袋に入っています。
アラモのチャイルドシートです。こちらも全てクリーニング済みです。
エイビス・バジェットのチャイルドシート
エイビスとバジェットのチャイルドシートです。こちらもしっかりとクリーニングされています。そして、ピックアップするお客用に外に並べられています。

料金

だいたい1日$15前後です。また一週間で借りると安くなったりする場合もあります。アラモは比較的安く、1日辺り約7ドルで借りることができます。

意外とチャイルドシート代もばかにならないので、しっかりと計算してから借りたほうが良いです。

好評実施中!ハワイ限定!ハーツレンタカーのチャイルドシート半額!

お子様がいる場合の注意事項

子供を車内に残してはいけない

9歳未満のお子様を12歳以上の付き添いなしに車内に残して5分以上車を離れることはハワイでは違法です。お子様を残して5分以上車を離れた場合は$500以下の罰金になります。

参考資料:ハワイ州議会ホームページ

※上記は 州法の一部から抜粋しておりますが、正確な情報はレンタカー会社にご確認ください。

レンタカー以外も。。。

レンタカーとは関係ないのですが、ハワイでは下記の行動も禁止です。

  • ホテルの部屋に子供を置いてでかける
  • お店に一人で置き去りにする
  • 子供だけでショッピングモールのトイレに行かせる
  • 子供だけで買い物に行かせる

いずれにしても、海外の地でお子様を1人にするのはとても危険です。目を離さないようにしてください。

 

*アラモの日本円建てプランが10%引きで借りられるHowtoRoadTrip専用予約ページです。

スポンサーリンク

オススメの記事