国際免許不要!ハーツの免許翻訳が無料で即日発行に!

オンラインでその場で発行!?

アメリカでレンタカーをするには日本の免許証と合わせて国際運転免許証(国外運転免許)か利用するレンタカー会社が発行する運転免許翻訳サービスが必要になります。

ハーツレンタカーの運転免許証翻訳(HDLT)サービスは、この度、とっても便利になった上に、さらに無料で使えるようになったのでご紹介します!

スポンサーリンク

運転免許翻訳サービスとは?

運転免許翻訳サービスとは、レンタカー会社が発行してくれる日本の運転免許証の英語訳になります。

この運転免許翻訳と日本の運転免許証を持っていれば、国際運転免許証(国外運転免許)が無くても発行元のレンタカー会社にてアメリカでレンタカーを借りることができます。

運転免許センターまでわざわざ国際運転免許証(国外運転免許)を取りに行かなくて良いのでとっても便利なサービスです。

運転免許翻訳の相場はだいたい1,500~2,000円ぐらいです。

ハーツなら無料で即日発行!?

今までは運転免許翻訳サービスを利用する為には、オンラインでダウンロードしたフォームに免許所のコピーを張り付けて郵送するという手間がありました。また、翻訳された免許を受け取るまでに1週間ぐらいの期間がかかっていました。

しかし、もうその必要はありません!

ハーツの運転免許証翻訳(HDLT)サービスはホームページ上で運転免許証の写真をアップロードし、必要な情報を入力すればその場で運転免許翻訳が発行されます。

さらに、このハーツの運転免許証翻訳(HDLT)サービスは無料です!

使い方

STEP 1 規定を読む

まず、ハーツの運転免許証翻訳(HDLT)サービスのページにアクセスし、申込の手順や、印刷の規定を確認します。

確認が終わったら、ページ中部にある「入力フォームはこちら」というボタンから入力フォームへ進みます。

免許翻訳ページへの行き方
ページ上部「プログラム&サービス」を選択後、米国タブを押すと、便利なサービスの中に「ハーツ運転免許証翻訳フォーム(HDLT)」がある
翻訳フォーム
ハーツの運転免許翻訳フォーム

STEP 2 写真のアップロード

免許証の両面をスキャンし、片面づつアップロードします。

免許をアップロード
免許証の両面をアップロードします。

STEP 3 必要事項の入力

免許証の必要事項を入力し、送信ボタンを押します。

入力項目
免許証情報を入力し送信

STEP 4 プリントアウト

画面上に表示された免許翻訳を印刷して完了!

免許翻訳サンプル
免許翻訳のサンプル。これを印刷して現地へもって行く。

ハワイへ行く方もこれで安心

運転免許翻訳が必要なアメリカ本土へ行く方はもちろんのこと、実は、ハワイの旅行者にも朗報です。

ハワイでは日本の運転免許証だけで運転できるので、今まではほとんどの方が日本の免許だけで運転されていた方が多いと思います。

しかし、万が一運転中に警察に止められた際は、日本語を読める警察官は少ないので、日本の運転免許証が妥当な免許と判断してもらうまでに時間がかかる場合がありました。

ハーツの運転免許証翻訳(HDLT)サービスなら無料かつ手間いらずなので、ハワイに行く際も是非利用して見てください。

スポンサーリンク

オススメの記事