アメリカの有料道路の使い方

レンタカーでも有料道路を走れる!

 

アメリカの高速道路はほとんどが無料ですが有料の高速道路もあります。また、普通の無料の高速道路でも、優先レーンがあり、その優先レーンのみ有料という場合もあります。

ここでは、レンタカーで有料道路を通る場合について説明したいと思います。

 

アメリカの有料道路

アメリカには有料道路があり、各州や地区によって呼び名は様々です。下記の有料道路が代表的なものです。有料道路は英語でToll Road(トールロード)と呼びます。

  • EZ Pass
  • I Pass
  • Fastrak
  • PikePass
  • TX tag
  • EZ Tag
  • Toll Tag
  • TX tag
  • Good to Go

そして、これらの有料道路を使うには、有料道路支払い用のタグが車についている必要があります。現金で支払いできる有料道路もありますが、ほとんどの場合は現金で支払いできるゲートが存在しない事が多いです。

アメリカの有料道路のマップはPlatePassのページで確認ができます。PlatePassのページですが、これは、ハーツ、ダラー、エイビス、バジェットの4社共通の情報です。

ページ内には州ごとの有料道路情報も出ているので、確認してみてください。

レンタカーでは有料道路を走れるの?

走れます。ほとんどの車に有料道路支払い用の装置がついています(全てではないです)。

この装置が装備された車を希望の場合は、電話で予約をとったレンタカー会社へリクエストしておくことをおすすめします。

有料道路支払い用の装置について

有料道路の支払装置は会社によって名前があり、E-toll Deviceと呼ばれたり、Plate Passと呼ばれています。どちらも、サービス名ではあるものの、E-toll Device(日本語訳:有料道路用装置)と呼べば、アメリカでは理解してもらえます。

装置の使用方法

この装置の形状は地域やレンタカー会社によって異りますが、有料道路を使用するためには、ふたを回転させたり、開けたりして装置をオンにする必要があります。

知らずにオフのまま有料道路を利用し、交通違反になってしまう方も少なくないようです。

逆に、常時オンで、オフにできない装置もあります。

そして、この装置を利用して有料道路の料金を支払った場合は、有料道路料金とは別にこの装置の使用料も発生します。使用料金は大体1日約$5で最大$20程が一般的です。

注意が必要なのは、レンタル期間中1回でもこの装置を使用して有料道路を通った場合は、使ってない他の日にもこの使用料がかかってきます。

例えば3日間のレンタルで、実際に有料道路を使ったのが初日だけでも、3日間分の$15程の料金がかかります。

e-toll device
回転させてオンにするタイプの装置
ハーツ・プレートパス
こちらは図の通り左に引き出して使用するタイプです。
etoll device
縦長のタイプもありました。写真のように回転させて使います。

装置を使用せず有料道路を利用する場合

もし、この装置を使用せずに現金で有料道路の料金を支払いたい場合は、この装置がオフにできるものであり、必ずオフになっていることを確認して、現金で支払ってください。

その際、支払い済みのレシートも保管しておいてください。

まれに、2重で請求が来てしまう場合があります。私は手間を考えると、現金で支払うことは、お勧めしません。

TIPS

南カリフォルニアのように有料道路のゲートがないエリアは、この支払装置オンにしたまま利用するのが良いと思います。

カープールレーンと有料レーンが複雑で、知らぬ間に有料レーンを走ってしまう場合もあるので、この支払装置をオンにしておけば、万が一誤って有料レーンを走っても交通違反の罰則金はなく、使用料のみしかかかりません。

また、有料レーンに入らなければチャージも一切かからないので安心です。

有料道路料金の支払いは?

有料道路料金の支払いは、レンタカーを利用し数週間後にレンタカー料金を支払うクレジットカードに自動的にチャージされます。その時に、有料道路支払い用の装置の使用料もチャージされます。

料金の確認方法

各社、オンラインで確認できるウェブサイトがあります。もしくは、電話で問い合わせをすれば教えてくれます。

下記が、オンラインでの料金紹介ページになります。

ただ、レンタル直後にはデータがオンライン上に上がっていないことが多く、大体2週間ぐらいで見れるようになると思います。

ハーツレンタカー・ダラーレンタカー

有料道路利用料金の確認はこちらからできます。ページを開いたら、まず、「Select rental car company」でハーツかダラーの利用したレンタカー会社名を選択します。

次に、苗字、レンタカー契約書番号、返却日を入力して検索します。まれに予約時に苗字と名前を逆に入れている方もいるそうなので、苗字で出てこない場合は名前で検索してみてください。

ハーツ、ダラーの有料道路利用料金確認画面
赤枠内の情報を入力し、サーチをすると利用料金が確認できます。

エイビスレンタカー・バジェットレンタカー

有料道路利用料金の確認はこちらからできます。ページを開いたら、エイビスかバジェットの自分の利用したレンタカー会社を選択してください。

次に、苗字を入力し、「Contract Number」を選択したら、契約書番号を入力し、検索します。

エイビス・バジェットの有料道路利用料金確認画面
苗字と契約番号を入れるだけで検索ができます。契約番号を忘れてしまった場合は、「Credit Car」を選択し、レンタカーの支払いに使ったカード番号の頭の6桁と下4桁から確認することもできます。

 

オススメの記事