ハワイのナビ・GPSとトラベルタブの日本語設定方法を解説

ワイキキでは必須!?便利なレンタカーのオプション

ハワイで人気のレンタカーオプションのトラベルタブやカーナビですが、今日はその日本語設定方法の紹介をします。

スポンサーリンク

ナビは必要?

ハワイと言えど、オアフ島のワイキキなど道が入り組んでる上に一方通行の多いところでは、ナビがあったほうがわかりやすいです。

しかし、それ以外の場所や、ハワイ島、マウイ島等道が簡単なところではあんまりナビを利用しなくても何とかなります。特にモバイルWi-Fiを持ってくる方は、たまにスマホで現在どの位置を走っているかの確認をするぐらいです。

しかし、モバイルWi-Fiを持っていかない場合は、とりあえずナビを借りておいた方が無難です。

無料の地図
ハワイではお決まりのこの冊子。各社どの営業所でもこの冊子を手に入れることができます。各社の違いはほぼ表紙のロゴのみです。ハワイ島とかマウイ島であればこの地図だけでもなんとかならなくもないです。

トラベルタブの日本語設定

トラベルタブはとは現地で使えるスマホのようなもので、ナビ機能だけでなく、日本への無料通話やWi-Fiホットスポットとしても使える便利なタブレットです。

ハーツアラモダラーエイビスバジェットのトラベルタブは今現在、全く同じものです。

関連記事便利なオプション「トラベルタブレット」!

日本語設定方法

トラベルタブを初めて利用した人も簡単に設定できるようになっているので、1つ1つ手順を覚える必要はなく、下記の手順を見て「現地に行けばできる」という事を理解していただければと思います。

ステップ1. 設定を押す

右上の歯車のボタンを押して設定画面を出します。

トラベルタブ
トラベルタブの起動時の画面です。右上の?のマークと少しかぶって歯車があります。ここから設定を開始します。
設定選択・トラベルタブ
歯車を押すと設定のボタンが出てくるので、左のSettingを選択します。
ステップ2. 設定画面から言語変更を選ぶ

設定を押すと、簡単なせってーメニューが出てきますので、その中から言語を設定する「Select Your Language」を選び、設定を変更していきます。

設定メニュー
先ほどの設定を押すと、この画面が出てきます。ここで「Select Your Language」を押します。
言語選択
言語設定を押すとアラビア語のような文字がズラーっと出てきて焦りますが、日本語は画面をスクロールダウンしてずーっと下の方にあります。
ステップ3. 完了

ステップ2で日本語を押したら作業は完了です。

日本語設定完了
日本語設定が完了すると、下記のような画面が出てきます。「運転先」は「行き先」のことです。この辺はご愛敬です。
経路検索
経路検索もスマホの地図アプリの感覚でできます。
注意
運転開始すると、運転中の操作の注意が出てきます。運転中には操作しないようにしましょう。
ステップ4. Wi-Fiホットスポット

ステップ2の設定メニューで、一番上のWi-Fi Connectionを選ぶと、Wi-Fiが設定できます。

Wi-Fi
Wi-Fiの設定画面中部、左側にホットスポットの名前が出てきて、右側にパスワードが出てきます。これで自分のスマホをWi-Fi接続ができます。

トラベルタブについて

難点は日本から予約できる会社が現在アラモのみという事ぐらいです。しかし、現地には在庫もたくさんあるので、ハイシーズンでない限り他の会社を利用してもトラベルタブを利用できると思います。

ただ、日本からモバイルWi-Fiを持っていく方は、自分のスマホでナビを見るのとほぼ変わらないクオリティーです。トラベルタブを利用するメリットは無料通話ぐらいになると思います。後は、一応自分のスマホのバッテリー残量を消費しなくて済むことくらいだと思います。

ハーツとダラーのナビ

ハーツとダラーのナビは、このトラベルタブの無料通話機能とWi-Fiホットスポット機能が省かれたもので、NEVERLOST NAVIGATOR +(ネバーロストナビゲータープラス)というものでした。

見た目もネバーロストナビゲーターが黄色いケースに入っている以外はほぼトラベルタブと同じでした(プログラム自体もトラベルタブが作っています)。

関連記事ハーツのナビ・新型NEVERLOSTの使い方&日本語設定

ネバーロスト
トラベルタブからWi-Fi機能や無料通話機能を省いたハーツのネバーロストナビゲーター・プラスです。これは日本から予約が可能です。
ダラー・ナビ
ダラーのナビも、ハーツと同じネバーロストナビゲーターです。

GPSナビ

クラシックなタイプのポータブルGPSで、主流のトラベルタブと比べると意外とシグナルの受信感度が高いです。今回はエイビスのGPSで設定方法を紹介しますが、ほとんどの会社で設定法はほぼ同じです。

細かい使い方というよりは、現地のGPSナビはこの程度の物だという風に認識していただければ、操作は簡単なので、現地に行けば使えると思います。

ナビの日本語設定

ステップ1. 設定ボタンを押す

起動画面の右下にあるSettingsから設定できるので、わかりやすいです。

where2
エイビスのWhere2です。この右下のSettingsを押して設定を開始します。
ステップ2. 言語の設定を選ぶ

設定画面に来たら言語の設定を選択します。まずは表示言語を日本語にします。

設定メニュー1
言語設定ではまず「Language & Keyboard」を選びます。
設定メニュー2
次に「Text Language(表示言語)」を選びます。
ステップ3. 日本語を選ぶ

次に、Text Language(表示言語)設定で日本語を選択します。

言語設定
日本語は一番下の方にあります。日本語を選択したらSAVEのボタンを押します。
GPS日本語化完了
これで、表示が日本語に切り替わりました。次に音声を日本語にするにはまた設定を押します。
ステップ4. 音声も日本語にする

続いて、ナビのVoice Language(案内音声言語)も日本語にします。

言語設定・音声
ステップ2の画面を表示し、Voice Languageを選びます。そして、Textとと同様に、Voiceも日本語を選択してSaveを押します。これで完了です。
ステップ5. ナビを使ってみる
ナビメニュー
トップ画面で目的地検索を押すと、上記のような画面が出てきます。今回はガソリンスタンドを押してみました。
周辺検索
周辺のガソリンスタンドがリストになって出てきます。この中からガソリンスタンドを選択します。
ナビ
準備完了!と画面に出てきて案内を開始します。

TIPSキーボード言語の設定もできますが、基本的に行き先の住所等を入力する時は全てアルファベットなので英語のままの方が良いと思います。

GPSナビについて

難点は画面が小さいのに物自体が大きいので、いちいち駐車するたびに外すのが面倒というくらいだと思います(盗まれたら弁償額が高いので)。

特に反応が悪いわけでもなく、普通に使い勝手は良いので、あれば便利なアイテムです。

CarPlay

カーナビのようにインダッシュのモニターに、スマホの画面を移し、音楽だけではなくスマホの地図アプリをモニターで操作できるというものです。

こちらはエイビスやバジェットでレンタルして、運が良ければついてきます。もちろん無料です。

日本からモバイルWi-Fiを持っていく場合はこれが付いている車だとものすごく便利です。日本のカーナビのように扱いができ、慣れたスマホの地図アプリの操作なので、戸惑う事もないです。

でも、もう一度言いますが、確約できないもので、運が良ければ利用できるというものです。

Carplay
今回は運がよくCarPlayを利用できました。車にはiPhone、アンドロイドのスマホをUSBのケーブルで接続できます。ただ、USBのケーブルは自分で用意する必要があります。そして、アップルの場合、スマホの設定を変えないと、マイル表記ではなくキロ表示です。

ナビの注意

GPSの盗難の事についてもちょっと書きましたが、トラベルタブも保険がきかないので、基本車を止めたら持ち歩く形です。

オアフ島でコンバーチブルの屋根を開けたままでポータブルのカーナビ置きっぱなしの車を見ましたが、GPSをとってくださいと言わんばかりでした。

そして、オアフ島ではほとんどなかったですが、ハワイ島やマウイ島ではスマホの電波が全く入らない場所もありました。道が入り組んでないのでそのうち電波が入るという感覚で車を進めました、ハワイは田舎に行くと、GPSとかモバイルWi-Fiが利用できない場所もあります。

carplay
電波が受信できない時は、こんな感じに切ない状況になります。この写真はハワイ島のナアレフ付近です。

最後に

運転中のスマホ操作は交通違反なので、スマホを操作する時は助手席の方か、車をいったん止めるようにしましょう!

スポンサーリンク

オススメの記事