ミッドサイズとフルサイズクラスはだいぶ差がある?

乗り心地の差は価格差以上?

私がアメリカで良く使うレンタカーの車種クラスのインターミディエイト(ミッド)サイズと今回立て続けに利用することとなったフルサイズクラスについて紹介したいと思います。

車種によってももちろん乗り心地は違いますが、インターミディエイトとフルサイズの乗り心地は料金的にはあまり変わらないのに体感的にはかなり差があるような気がしたのでまとめてみます。

スポンサーリンク

はじめに

まず、インターミディエイトとフルサイズを比較する前に、エコノミー・コンパクトの紹介をします。

エコノミーは小さく、日本でいうVitzやFitくらいの車で、アメリカ本土ではほとんどこのサイズの車は走っていません。そして、私が見てきた中でコンパクトに属する一番大きな車はセダンタイプの日産のヴァーサ(ティーダ・ラティオ)です。それ以上になることはアップグレードをしないと難しいようです。

買い物などで市内を走り回る場合や2人で利用する分には燃費も良いし十分なドライブ体験ができます。

インターミディエイトとフルサイズの違い

実際現地にある車種

代表車種ではなく、私が実際に現地で見てきた車種を紹介します。

インターミディエイトクラス(ミッド)
  • Hyundai Elantra
  • Nissan Sentra
  • Toyota Corolla
  • Chevlolet Cruze

基本的には全部5名乗りのセダンです。ハーツ、アラモは日産のセントラとヒュンダイのエラントラの保有台数が多かったです。エンジンが1.8L、全長180インチ(4,572mm)前後で全幅70インチ(1,780mm)くらいの車が多いです。

日産セントラ
インターミディエイトでよくある日産のセントラです。現地でも人気の車種です
日産セントラトランク
セントラのトランクです。対象物が無く、サイズ感がわかり辛くてすみません。

関連記事車種紹介 | Chevrolet Cruze シボレー・クルーズ(ミッドサイズ)

フルサイズクラス
  • Nissan Altima
  • Hyundai Sonata
  • Toyota Camry
  • Mazda Mazda 6
  • KIA Optima

基本的には全部5名乗りのセダンです。エンジンが2.5L、大きさは全長190インチ(4,826mm)前後で全幅72インチ(1,828mm)くらいの車が多いです。

マツダ6
フルサイズクラスのMazda6です。日本でも人気のあるアテンザです。
マツダ6トランク
トランク。こちらも分かりずらい写真ですみません。実際はインターミディエイトのトランクと比べて一目瞭然で全然トランクサイズが違います。
スタンダードクラス

インターミディエイトとフルサイズの間にスタンダードというクラスもあります。定義があいまいで、小さい車もあるので、インターミディエイトと同じサイズで車両価格がフルサイズ並みの車と考えるのが良いと思います。

たまにスタンダードでもフルサイズの車をあてがわれることもあります。また、フルサイズと同じようなサイズで車両価格が高いものはプレミアムというクラスにラインナップされています。

以前私が利用した車はVWのJETTAで、サイズはインターミディエイトに近いのですが、トランクの大きさはセントラなどより大きく感じました。

関連記事レンタカーにスーツケースが何個積めるか試してみた(ミッドサイズ)

乗り心地が全然違う

特定の車種でいえばインターミディエイトでも快適なものもあるかもしれませんが、両方乗っていただければ内装からしてインターミディエイトとフルサイズのグレードの差はレンタカーの価格差以上の物があります。

また、後部座席を利用しようとしている方は、特にレッグルームの大きさや、車幅の違いを大きく感じると思います。

日産セントラ内装
インターミディエイトのセントラの運転席です。この車にはリアビューカメラがついていました。
マツダ6内装
フルサイズのMazda6の運転席です。内装もインターミディエイトと比べてプラスチック感が減り、グッと作りが良くなります。
日産セントラ内装
インターミディエイトのセントラの後部座席です。レッグルームが狭いです。大人3人で座ると仲良くなれそうなくらいぎゅうぎゅうになる恐れがあります。
マツダ6内装
フルサイズのMazda6の後部座席です。レッグルームもしっかりあり、真ん中の席もそこそこの幅はあります。ただ3人で座るとやっぱり仲良くなれる距離です。

走り心地が全然違う

インターミディエイトクラスはコンパクトクラスの車のサイズだけが少し大きくなった印象で、パワーの違いや走行中の安定感はフルサイズとかなり差が出てきます。

アメリカでドライブする際は特に国立公園などではアップダウンが激しく、夏場のクーラーを使用している時はインターミディエイトではかなりアクセルを踏み込まないと厳しいこともあります。

そうでなくても、高速道路で回りが70マイル以上で走行している時に荷物や人を乗せたインターミディエイトではストレスを感じる場合もあります。

装備が違う

インターミディエイトクラスでもクルーズコントロール等がついているものもありますが、フルサイズになるとほとんどの車でついています。

長距離を走る人にはこのクルーズコントロールが便利です。

また、フルサイズにはマニュアルモード的なもの(ドライブの下がいきなりローではなく、ちゃんと変速できるもの)も付いているので、インターステートハイウェイ等の長い下り坂でもエンジンブレーキも使いやすく運転しやすいです。

almost death valy
デスバレーに行く途中の道です。長いジグザグの下り坂が続き、セミマニュアルが付いたフルサイズはエンジンブレーキも使えて運転しやすかったです。

どちらが良い?

ここまで言うとフルサイズクラスの方が良さそうですが、過去にもフルサイズクラスを使ったことのある私も、今まではインターミディエイトを使うことが多かったです。

先日はインターミディエイトクラスでデスバレーに挑戦しようと試みたくらいです(結果的に無料アップグレードでフルサイズになりました)。

もちろんフルサイズの方が良いのは分かっていても、いつも1~2人でドライブに出ることが多く、後部座席の大きさを考慮する必要もなく、街乗で市内をレンタカーで周ることが多かったのでインターミディエイトでも十分に事はたりるという状況でした。

しかし、今回偶然ながらもフルサイズでデスバレーに行き、ラスベガスからロサンゼルスの道のりもフルサイズを利用して、フルサイズとインターミディエイトの運転の快適さが価格差以上の違いであったことを改めて実感したという感じです。

これからのロングドライブはフルサイズにしようと思います。

スポンサーリンク

オススメの記事