予約から利用後の支払いまでの流れ

予約はいつするの?支払いはいつ?

 

アメリカのレンタカーの予約から利用後の支払いまでの一般的な流れを説明します。

海外レンタカーの場合は利用後の追加請求など、日本とは少しシステムが違うところもあるので、事前に流れを覚えておくことをお勧めします。

 

スポンサーリンク

1.  予約

電話・インターネットで予約を申し込みます。8月や12月、そして現地のホリデーシーズンは混みあいます。2~3カ月前には予約することをおすすめします。

また、無料で会員になれるサービスを提供している会社の場合は会員になっておくことをおすすめします。現地での手続きが簡単だったり、優先的にきれいな車を出してもらえたりします。

 

関連記事Hertz使うなら絶対入るべき!Goldプラス・リワーズ

関連記事エイビス使うなら絶対プリファード会員に登録すべき

2.  確認書受取り

予約が完了すると予約確認書が発行されます。予約確認書はEmailが一般的です。

予約確認書を受け取ったら、運転者の名前の表記、日程やプラン、車種クラスに間違えがないかを確認しましょう。

日本と時差があったり、また、もともと旅行日程の候補がいくつかあった場合等、うっかり日にちを間違えてしまう場合もあります。特に電話予約の場合は相手も人間ですので、万が一を考えて、必ず確認してください。

その為の確認書で、ここで間違えに気づかなかった場合は、自分の責任になってしまいます。

3.  プリペイドのプランの場合の支払い

プリペイドプランの場合は、予約後、決められた日までに支払いをします。

支払いは銀行振り込みかクレジットカード払いになります。支払い後はキャンセルチャージや変更手数料がかかる場合があるので、支払う前にもう一度、内容の確認をお勧めします。

4.  レンタカーを利用

現地にてレンタカーの契約手続きをし、安全にドライブを楽しんでください。

5.  返却

現地払いのプランの場合は利用後にレンタル料金の支払いをします。また、プリペイドプランの場合も、現地追加オプション等の支払いをする必要があります。

6.  違反、追加請求

交通違反があった場合や、車が著しく汚れていた場合など、後日に請求があります。何の請求かは、レンタカー会社に問合せをすると教えてくれます。

 

関連記事交通違反した時の処理手順

 

レンタカーを利用して、自分だけの楽しい旅行をお楽しみください。

 

スポンサーリンク

オススメの記事