鍵(スマートキー)の電池切れ時の対処法

どうやってエンジン掛けるの!?

最近は鍵を回さずプッシュボタンでエンジンをスタートさせる車が増えてきました。

しかし、鍵の電池は残量が確認できないものもあり、まれに電池切れになってしまう場合があります。正直本当に運が悪いとしか言いようのないハプニングです。

そんな時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

カギの電池切れ時の対応

電池切れで困る点

電池切れで先ず困ることは下記の2点です。

  1. ドアが開かない
  2. エンジンがかけれない

対処法を知らないとほんとに焦ります。

でも、ちゃんとエンジン掛けて乗れますから安心してください!

対処法

1. ドアを開けられないときの対処(または、ロックできない)

落ち着いてください。スマートキーの中に普通の鍵が入っています。鍵のどこかにボタンがあり、ボタンを押すと中に入っている鍵が出てきます。

ドアの開け閉めは運転席のドアを使いこの鍵で行うことができます。

写真を参考にしてみてください。

2. プッシュスタートの車の場合はエンジンがかけられない。

鍵の電池がないと、ブレーキを踏んでエンジンスタートボタンを押しても”No Key Detected”と表示されエンジンがかけれません。

この場合、各社車の製造メーカーによってエンジンのかけ方は異なるのですが、大体はその電池切れのスマートキーの本体をエンジンスタートボタンに近づけ、エンジンスタートボタンを押すと、エンジンがかかります。

スマートキー

エンジンがかかったら

上記は一時的な対応なので、すぐに営業所に連絡をするか、鍵の電池を交換するのが良いと思います。

ボタン電池は”CR2032″という形が一般的です。この電池は現地でもコンビニやリカーショップで購入可能ですが、気をつけていただきたいのは、電池交換をご自身でする際は自己責任になります。もしパーツを壊してしまったら、補償しなければなりません。

一番安全なのは、やはり営業所が近くにあれば、近くの営業所にまで行き電池を換えてもらう。もしくはその車と同じ車のディーラーがあれば(レンタル車両がフォードならフォードのディーラー)に持って行き、鍵の電池を変えてもらう。その場合、必ずレシートをとっておき、車の返却時に請求しましょう。

最近はプッシュスタートの車が増えてきていますので、万が一に備えて対処方法を覚えておきましょう!

スポンサーリンク

オススメの記事