車上荒らしにあった時の対応手順

目撃しても絶対近寄ったらダメ!?

 

ワイキキ周辺など、日本人が良く行く地域は比較的治安が良いものの、まったく盗難がないわけではありません。もし、車上荒らしにあったらの対応手順を紹介します。

 

車上荒らしにあった時の3つのステップ

1. 警察を呼んでください

警察に連絡し、レンタカー会社にも連絡をします。

万が一、車上を荒らされている現場に遭遇しても近づかないようにし、その場を立ち去ったのを確認してから警察に連絡しましょう。

2. ポリスレポートをもらいます

駆けつけた警察に状況を説明し、目撃者がいればその方の証言をもとにポリスレポートを作成します。

3. レンタカー営業所での手続き

レンタカー会社の携行品保険に加入している場合は、保険の申請書に記入し、ポリスレポートとあわせてレンタカー会社に提出します。窓ガラスを割られて盗難にあった場合は窓ガラスが車両保険でカバーできるか必ず確認してください。

旅行保険や、クレジットカード会社の保険の場合も同様に、各社の申請書と現地のポリスレポートが必要になります。

※ ポリスレポートと保険の申請書は必ず控えをとり、数ヶ月保管しておいてください。

携行品保険ではカバーできないものもある

携行品保険では生ものや、現金、金券の類など、カバーされないものもあります。

例えばアラモレンタカーの場合は下記には適用できません。

自動車、自動車機器、オートバイ、ウォータークラフト、モーターまたはその他の乗り物またその装備、家具、通貨、硬貨、譲渡証書、金塊、切手、チケット、証券、文書、コンタクトレンズ、義歯、生鮮品、動物

なにより、盗難にあわないことが一番なので、車を離れる際は車外から見えるところに荷物を置かない、人気の少ないところに車を止めない等、細心の注意を払ってください。

 

オススメの記事