予約内容を変更する

変更できない場合もあるの!?

ここでは、利用前・利用中のレンタカーの予約内容を変更する場合の注意点について説明します。変更は、利用者の都合で行われるものなので、融通が利かないことが多いです。知っておくと良い思うことをまとめました。

スポンサーリンク

予約内容の変更(利用前)

予約の変更は、予約の取り直しになります。

どういう意味かというと、例えば明日から1週間の予約をしており、その予約を車のクラス・返却日は変えずに借り出し日を明後日に変更したいとします。

その場合、今持っている予約の日数を短くするのではなく、今持っている予約番号を使い、明後日から利用のレンタルで予約を取り直すということになります。

そのため、もうすでに明後日からの在庫が残っていない場合は、予約の変更ができません。融通の利かない仕組みだと感じますが、それが、現状のレンタカーのルールになっております。

現地についてから予約内容の変更(利用前)

現地で予約を変更すると、車種クラス、日数、返却日のいかなるものの変更でも、料金体系が変わってしまう場合があります。

これは、あなたが予約したプランは、その予約先でしか取り扱いのないプランの場合や、事前に予約をしたことでお得になっている場合もあるので、たとえ現地の営業所のカウンターで変更をしても同じ料金は利用できない場合があります。

飛行機の遅れ・便のキャンセルで予約の内容を変更をしたい

空港からの利用の場合、便名を連絡しておけば2時間程度の飛行機の遅れは対応してもらえる場合が多いです。

しかし、それ以上遅れる場合は予約センターか営業所に連絡を入れましょう(その時点では予定のレンタカーの日程の予約変更は予約センターでは対応できない場合もあります)。

これは、飛行機の都合で到着が遅れることは、レンタカー会社が悪いわけではなく、飛行機側の問題なので、航空会社に対応を求めるのが良いと思います。

あらかじめ、便名の遅れやキャンセルについて航空会社のチケットの規定を見ておくとよいと思います。全く対応してもらえないチケットもあります。

返却営業所を変更したい(利用中)

返却営業所を変更したい場合は、必ず貸し出し営業所に連絡してください。日本の予約窓口ではレンタル中の予約内容の変更ができません。もちろん、現地で変更できない場合もあります。

また、追加のチャージ(ワンウェイフィー等)がかかる場合もありますので、金額の確認も忘れずに。

レンタル期間を延長したい(利用中)

レンタル期間の延長の場合は、必ず現地営業所に連絡してください。日本の予約窓口ではレンタル中の予約内容の変更ができません。

もちろん、現地でも変更できない場合もあります。延長の際の確認事項としては、追加日数の料金だけでなく、レイトフィー等も追加でかかる場合もあるので、料金の確認は忘れずに。

車を予定より早く返却したい(利用中)

あらかじめ早く返すのがわかっている場合はその時点で営業所へ連絡してください。

アーリーリターンフィーを取る会社もあり、ダラーレンタカー等では予定より24時間以上前に返却すると追加チャージがかかります。

現地で払うプランの場合は、レンタカーを実際利用した日数で精算してもらえる場合もあります。しかし、プリペイドプランの場合は逆に、1日でも利用したら、残りの日数分の料金は一切返金してもらえない場合がほとんどです。予約内容を確認してみてください。

借りる期間によって割引がある場合、もしくはパッケージ料金の場合は、罰則金がかかる可能性もあるので、くれぐれも計画はしっかり立ててください。

まとめ

いずれにしても、予約時点での金額は予約のとおりに利用した場合の金額であり、何か変更した際は必ず料金体系を確認してください。さらに、変更手数料がかかるプランもあります。できるだけ変更の無いよう予約時にプランニングすることをお勧めします。

スポンサーリンク

オススメの記事