冬の国立公園はレンタカーで走行できる?

雪道には要注意

アメリカの広大な大地で国立公園巡りなど、レンタカーでロードトリップはアメリカ旅行の魅力です。

しかし、冬のこの時期には雪の降る国立公園もあり、レンタカーで周るにはとてもハードルが高いです。今日は国立公園の制限とレンタカー会社のオプションについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

雪の降る国立公園はチェーンはマスト?

タイヤチェーンが必須な場所もあります。

参考までに、ヨセミテ公園はチェーンがついていないと入園不可であったり、グランドキャニオンのようにチェーンなしでも入ることができたりと、国立公園によって条件は異なります。

冬のヨセミテ
冬のヨセミテは1度挑戦しましたが、道がシャーベット状でとても危険です。

国立公園の情報はどこで入手できる?

英語のページになりますが、下記のホームページから全ての国立公園の状況が確認できます。

国立公園公式ページ(英語)

このページから「冬の期間はグランドキャニオンではノース・リムが立ち入り禁止」や「ヨセミテのTioga Roadが閉鎖」等の情報を得ることが可能です。

雪道
除雪車が通る道はきれいに除雪されているものの、吹雪出したら立ち往生になります。

レンタカーのタイヤチェーン

アメリカのレンタカーはオールシーズンタイヤを履いています。

そして、ほぼ全ての大手のレンタカー会社はチェーンの貸し出しをしていません。リクエストで受け付けてくれる場合もありますが、現地についたらほぼないと考えたほうが良いと思います。

この時点で、残念ながら、タイヤチェーンを装備していないと入園できない国立公園にはレンタカーでは行くことができないという事になります。

タイヤチェーンは自分で購入して装着可能?

レンタカーへ自分で購入したタイヤチェーンは装着不可です。もし装着した場合は、契約違反となり、何があっても保険は全く適用されなくなってしまいます。

冬でも楽しめる国立公園もある!?

雪の降らない地域であれば、レンタカーで国立公園を周ることは可能です。

逆に冬におすすめしたい国立公園はデスバレージョシュア・ツリーです。実際に私も冬の時期に行きました。夏は溶けてしまいそうになるほど暑いですが、冬は快適です(それでも暑いです)。

最後に

雪景色が見れる国立公園はとても魅力的です。しかし、レンタカーで行くにはリスクが高く、私からはおすすめできません。

それでも入園可能な雪の降る国立公園へ行かれる場合は気を付けて運転してください。

本来であればレンタカーで国立公園を!とおすすめしたいところですが、国立公園巡りをするベストシーズンは初夏です。

この時期は無理せずテーマパークやショッピング、観光地巡り等、他の楽しみをレンタカーで満喫することをおすすめします。

スポンサーリンク

オススメの記事